ハナと家族日記
~ちょっとビビリでおてんば娘の物語~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハプニングの後に待っていたのは。。。
1週間ぶりの更新、ご無沙汰していました。
拍手鍵コメに、ご心配のお心温まるメッセージをくださったお友達、本当にありがとうございました。
幸い、ハナは元気いっぱい、かわいそうな思い、たくさんの我慢をさせてしまいました。

2月5日(金)のこと。

2016/2/13

しっぽふりふり、元気に出発です。

2016/2/13
 じゃっくじゃっく。

積もった雪が解け、しばれの繰り返し、お散歩道はザクザクです。

2016/2/13

2016/2/13

2016/2/13

大好きな仕草。

この後、大ハプニングが…なんと、我が家の鍵がない、いくら探してもどこにもない。
鍵をかけたらすぐお散歩バッグにしまうはずのところに入ってない、それならばべつのところ…ない、今日に限ってダウンのポッケ…ない、ジーパンのポッケ…ない、当マンションは、管理人さんは予備の鍵は持っていません。
管理人さんに相談すると、業者さんに問い合わせてくれ“来れても、PM3:00以降だそうです”鍵がないことに気づいたのがお昼前、そこへマンションのお友達がきたので事情を話すと“鍵屋さんが来るまで家においで”と…。
そこで、ちょっと待てよ。もしや落とした可能性もありかと思い、お友達にハナを見ててもらい、歩いてきた道のりを探しに行ってきました。
なんと、ありました~なにかの拍子に落としたんでしょうね。
それはそれで、一件落着となりました。

そして、その日の夕方から異常なほど、あちこちの関節が痛みだしてきました。
おかしいぞ、すると寒気、ダルっぽさ、お熱を測ってみると…おどろくほど高い、まさか、まさかのインフルエンザ。。。
とりあえず、その日は氷枕をして早めにお布団へ、インフルエンザだったら困るので、市販のお薬は飲まずに我慢しました。
しかし、頭痛と寒気、熱っぽさで寝てなんていられない。
次の日が土曜日でよかった。パパが車で病院へ連れて行ってくれ、検査結果はインフルエンザA型と言われました。(半分以上がマスク姿、インフルエンザの検査の人ばかり…全員といっていいほど、A型B型と診断されいました)
人生初体験です。
高熱と頭痛、3日間は辛かった。5日目くらいには平熱に戻りましたが、6日目にはまた、高熱が…ほんまに治るのかと不安になりました。
そして、1週間が経ち、やっと本調子に戻りつつ、食欲も少しずつ戻すように食べようとするのですが、受け付けず。

パパにはいろいろ助けてもらい、ハナにはたくさん我慢をさせちゃいました。
やっと、お散歩解禁と思ったら、お天気が下り坂になっちゃうし。先週末の土日、パパがお散歩へ連れて行くとお外へでたら、1分もしないうちに戻ってきました。
どうしたの“キャバ子の姿が見えないから、1歩もあるかない、いくらリードを引っ張っても玄関先へ帰るから、散歩はや~めた”半分怒り気味のパパでした。
先週末の土日のどちらか雪祭り見物へ行く予定も、カラーリングに予定も、11日(祝日)にお出かけする予定だったのも、すべて中止となりました。

午前中まで元気だったのに、インフルエンザって、とにかく急激…こんなに辛いものだったとは、もう2度とかかりたくないです。
どうか、パパに移りませんように…今のところは大丈夫です。
まだまだ、流行っていますので、皆さんもお気をつけお過ごし下さい。

今朝も、パパがお散歩へ連れて行くと早起きしてくれたのに…すぐに戻ってきました。
ぽかぽか春の陽気が続いています。

コメント欄、お休みさせていただきます。
ご訪問してくださった皆さま、ありがとうございました。
スポンサーサイト



トラックバック
TB*URL





Copyright © ハナと家族日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。