ハナと家族日記
~ちょっとビビリでおてんば娘の物語~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天使が舞い降りてきた日♪♪
昨日の楽しい余韻に浸りながら朝を迎えました。
いつも通りのお散歩を済ませ、うまうまでお祝いです。

初夏を迎えて6年目、セカンドバースデーです。

2012/6/24

BONITAです。BONITA=スペイン語・ポルトガル語で”美しい“”可愛い“、親バカでも何でもない本当なんです。

ハナと本当の出会いは2006/6/18です。
パパはわんこ嫌い、小さいころ、わんこに追っかけられてトラウマに。。。
それに、新婚時代(一応、新婚時代もあったのよ)のアパートはペットNGでした。
そして6年前の6/18日、結婚して初めて、何気に入ったペットショップで運命的な出会いがあったのです。(マンション購入も6年前、ペット可です)
わんこ嫌いのパパが、なにやら1人のわんこの前に居座っているじゃありませんか。
それがキャバリアという犬種(この時初めてキャバリアを知りました)との出会いでもありました
“そろそろ帰ろう”と言っても、なかなか離れようとせず、しまいには“あのわんこ、連れてくか~”と、パパから思いも寄らぬ言葉が返ってきました。
おぃおぃ、わんこ嫌いが勝手なことを言うな、可愛いだけじゃ連れて帰れません。
キャバ子は実家で、ずっとわんこと暮らしていたので、すごくすごく欲しかった、すぐにでも連れて帰りたかったです。
そうなりそうなので、キャバ子はあえて見ないふりをして、わんこから離れていました。
その場を立ち去り帰宅、パパがPCでいろいろ調べ、キャバリアの勉強を始めてるじゃありませんか。
でも、可愛いだけじゃ無理、1週間悩み、話し合いました。
それでも、パパの気持ちは変わらなく、どうしてもあのペットショップにいた、キャバリアが忘れられなかったみたいですね。

2012/6/24

BONITAからハナへの誕生です。

結婚17年目、子供はいません。(年齢的にも…タイムリミット)
ハナという名前の由来は、すぐにでも子供が欲しかったので、お付き合いのときから2人で温めていた名前です。
あはっ、なぜか女の子の名前しか考えてなかったのよ。
しかし、ある日お腹を痛めることなく、我が家に天使が舞い降りてきてくれました。

2012/6/24
 ん、だれのこと。

今はこんなにデカくなっちゃって、体もデカいけど、態度もデカいです。

2012/6/24

ミルクゼリーを作ろうと思ったら、ゼラチンを買い忘れてきちゃった。
代りに、スイカでご勘弁を。。。

2012/6/24
 いいよ~ゆるちゅから、はやく。

2012/6/24

2012/6/24
 おてて、はなちていいのに。

2012/6/24

2012/6/24

2012/6/24
 でかっ。

ハナの態度に比べると、小さいスイカでしょ。

2012/6/24
 なんでしゅと~。

お髭が付いていますよ。

ハナは、キャバ子パパにとって、かけがえのない永遠の宝物以上の宝物です。
2人生活の11年間も、それなりに楽しかったけど、ハナをお迎えしてからはもっと、もっと楽しさが倍になりました。
キャバ子パパは、ハナに出会えてとても幸せです。
ハナも同じ気持ちでいてくれているかな~不幸せな気持ちにさせていたらごめんね。

ハナへ、世界中で1番大好きです。
1日1日を思い出として、これからもよろしくね。
スポンサーサイト




Copyright © ハナと家族日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。